あれからもう6年(写真付き)

先日は娘の小学校の卒業式でした。小学校の卒業式って、中学の制服のお披露目も兼ねるんですね。自分のときもそうだったかなあ? 40年以上も前のことなので覚えていません。

それにしても、いつのまにもう6年! 制服を着ると一気に大人びて見えるものですね。

この日、娘は卒業生の合唱をピアノ伴奏する大役を果たしました。学年中から3人の立候補者が出て、オーディションで娘が選ばれたのが年末ごろだったと思います。それから毎日、ピアノ教室を主宰する妻が付きっきりで教え、ずっと練習を続けてきました。今月に入った頃だったか、6年生がその合唱を練習するのにいつもピアノのある音楽室を使えるわけでないので、娘のピアノ伴奏を担任の先生が録音することになりました。何度か弾き直してうまく弾けて、録音機材を操作している担任の先生を娘が見ると、なんと先生が泣いていたんだそうです。そうか、まだ小学生なのにピアノで大人を泣かせたか。私自身はいつ自分の演奏で大人を泣かせたのか記憶が定かでありません。

 

さて6年前の自分はどんなことをしていたかな? と、過去の演奏の記録をいくつか見てみました。

  • 講習会「チェンバロ演奏家からしか聞けないバッハのインヴェンション(全15曲)の本当の姿」新潟市民芸術文化会館にて
  • チェンバロ演奏とお話の会vol.4「平均律クラヴィーア曲集第2巻(全24曲)」ギャラリー mu-anにて
  • 新潟バッハ管弦楽団&合唱団を設立し音楽監督に就任

がむしゃらに頑張っていたけれど、慢性的な睡眠不足でボロボロになりながら、それでいて将来の姿が見えなくて苦しみもがいていたのを思い出します。それが、たくさんの親切な方々から力をいただき、今こうして元気に活動することができています。

この6年間にも私の活動内容はいろいろな面で変わり続けてきました。次は3年後、娘の中学校の卒業式。その次は6年後、娘の高校の卒業式。自分はそのころどんな活動をしているのでしょうか? とにかくその時その時を精一杯に生きていきます。

あなたのコメントをお待ちいたします

下のコメント欄に、ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

あれからもう6年(写真付き)” に対して6件のコメントがあります。

  1. 星野裕子 より:

    お嬢さんのご卒業、おめでとうございます。
    以前、教育長賞を受賞したという消防署の絵といい (夏の陽射しの感じがとっても良く出ていたと思います) 、ご両親譲りでピアノも弾かれるそうで、感性豊かに育ってこられたのだなと思います。
    ブログを拝見しますと、ご家族が自然体で暖かい家庭を築かれておられるのだな、と思います。ひな祭りの日に、仕事を早退けして、家族と一緒に桜餅をいただいて過ごすお父さんなんて、なかなかいませんよ💖。
    これからも、ブログでほのぼのとしたご家族の様子を拝見できます事、楽しみにしております。

    1. 八百板 正己 より:

      お褒めのお言葉の数々、嬉しく頂戴いたします!
      桜餅のために仕事を切り上げることができのは、自営業の特権ですね。
      (そのかわり土曜も日曜も休み無しのこともあります。)
      音楽は自分の全てが反映されてしまうものですから、暖かい演奏をしようと思ったら意識して暖かい自分になって暖かい家庭を築くことも大切ですね。

  2. T.h より:

     ご卒業おめでとうございます。!!!

    喜びもご苦労もさぞ多かったと思いますが、思い出をいっぱい抱いて
    中学校生活に臨まれて下さい。制服の折り目正しいスカートのように
    新しい生活が折りたたまれますように!

     制服を着るとやはり中学生らしくみえますね。
    私の中学時代は制服はなかったので、とても新鮮に感じました。

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます!
      そうおっしゃっていただけると、嬉しい気持ちが一層高まります。

  3. 家合映子 より:

    いい写真ですね。おめでとうございます。

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です