この長すぎるスラー、どういうこと?(ビデオ付き)

長すぎです! バッハなのに、このスラーは長すぎです!

 

あなたは音楽用語の「スラー」をご存じですか? そう、複数の音を滑らかにつなげることです。つなぐ音符の上に弧線を書いて表します。

ピアノでロマン派の音楽などを弾いている人にとっては、いつもよく出てくる見慣れた記号ですよね。元気に飛び跳ねるような曲は別ですが、たいていの曲にはスラーがしょっちゅう、それも一小節とか数小節にわたる長いスラーが付けられています。

でも、バッハの時代にはそういうわけでもなかったんですよ。

バロック音楽は「しゃべる音楽だ」などとよく言われます。歌で一つの母音で朗々と歌うイメージよりも、歌詞をたくさんしゃべって表現する、そんな感じです。なので、器楽曲でもスラーで結ぶ音符の数は4つとか、多くてもせいぜい6つ程度。普通はもっと細やかに区切りながら、切れのいい音楽を紡いでいきます。

それなのに、この曲はいったいどうしたことでしょう! バッハのインヴェンション第9番ヘ短調。バッハ自身がきれいに清書した自筆譜には、一小節の12個の音符をつなぐ長いスラーがあちらにもこちらにも!

 

この謎を解く鍵は「ヘ短調」という調性にあります。バッハの時代の「ヘ短調」には、すごく特別な意味が込められていたんです。「絶望」とか「限りない苦悩」とか、尋常でないことを表現するための特殊な調だったんです。

これには、当時の鍵盤楽器の調律法のほか、弦楽器や管楽器の指使いなども関係しています。実際に、当時の楽器で演奏すると「ヘ短調」はすごく特殊な響きになります。

現代の楽器は「改良」されていて均質な表現が簡単にできてしまいます。ヘ短調を演奏しても他の短調と全然違いません。便利と言えば便利です。

バッハの時代の楽器は、そういう意味では不便でした。でも、その不便さを逆手に取って、特殊な表現のために上手に生かしたんですね。

 

この「長すぎるスラー」と「ヘ短調」について、もっと詳しく解説したビデオができました。どうぞご覧下さい。

 

この「長すぎるスラー」と「ヘ短調」の特別の意味をぎっしり詰め込んだら、子供でも弾くこの曲がこんなになってしまいました。

あなたのコメントをお待ちいたします

下のコメント欄に、ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

この長すぎるスラー、どういうこと?(ビデオ付き)” に対して6件のコメントがあります。

  1. aoki より:

    黒鍵が多いとくもるのはそういう構造的理由があったのですか。開放弦の少なさを理由に、あの♭の多い面倒なヘ短調にはスラーをかける、はなるほどと思いました。ピアノだとペダルでやってしまうでしょうか。

    1. 八百板 正己 より:

      コメントありがとうございます。
      ピアノでペダルを踏んでこの曲を弾くと、音階の音が全部重なって響きが濁ってしまいます。ペダルは補助ていどにして、打鍵のスピードを抑えて柔らかい音で弾くでしょう。
      ちなみに、ピアノ曲の楽譜にたくさんのペダル記号が出てくるのは、そうしても響きが濁らないような音符を選んで作曲しているから、という前提もあります。

      1. aoki より:

        あ~、自分はペダルがへたで、手もでかいのでレガートで抑えるのがすきなので、打鍵スピードをおさえやわらかい音を出してみたいと思います。

        関係ないのですが今は気候がいろいろかわって相対的に11月が一番きもちよく台風も花粉もないし、という感じがします(欧州は11月がワーストくらいだし北海道はもう寒いようですが)。よい週末となりますように!

        1. 八百板 正己 より:

          チェンバロもこの季節は調律が安定するんですよ。

  2. Y.M. より:

    バッハの作品は、鍵盤楽器のための曲であっても、弦楽器の発想で作曲されている
    というようなことを、以前のメルマガで拝読したか、どこかで見たような気がします。
    たしかにヘ短調という調は、ヴァイオリン(ソ-レ-ラ-ミ)でもヴィオラ・ダ・ガンバ(レ-ソ-ド-ミ-ラ-レ)でも、開放弦がほとんど使えない調ですね。
    それに、この曲のようにテンポの遅い曲で、1小節にわたるスラーも、普通のヴァイオリン曲には出てこないと思います。

    1. 八百板 正己 より:

      そう、そのとおりですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です