バッハのインヴェンション第10番(ビデオ)

今日ご覧いただくのは、インヴェンションの第10番ト長調です。

この曲、けっこうすごい速さで飛ばす演奏が多くて、そんなテンポ(バッハはそんな事は一切書いていませんが)を指示した楽譜もたくさん出回っているようです。でも私は今は全く違う解釈に自信を持っています。リュートのイメージだと思うのです。

この曲の、こういう演奏をあなたは聞いたことがありますか? どう感じましたか?

あなたのコメントをお待ちいたします

下のコメント欄に、ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

バッハのインヴェンション第10番(ビデオ)” に対して5件のコメントがあります。

  1. 家合映子 より:

    とても素敵でした。(゜))<<。

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます!
      とても素敵な曲を作ってくれたバッハにも感謝ですね。

      1. 家合映子 より:

        本当にそうですね!

  2. 天沼一志 より:

    私はこの曲にBWV147のコラールをイメージし、とんでもない遅さで自作クラヴィコードを弾いて悦に入っていました。
    このたび、ゆっくり弾いてくださるプロの演奏に初めて出会えてたいへんうれしいです。

    1. 八百板 正己 より:

      天沼様
      そうおっしゃっていただけて嬉しいです!
      この曲のバッハの自筆譜には、細かい8分音符にも装飾音が付いているのです。それを弾くためには速すぎのテンポはおかしいと思った次第です。
      それにしても、ご自分でお作りになったクラヴィコードでバッハを弾くとは、素晴らしいバッハの楽しみ方ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です