右手と左手が合わない!(ビデオ付き)

私はバッハの楽譜が難しくて「右手と左手が合わなくて困っている」のではありません。バッハの意図を汲んでわざと「右手と左手を合わせないようにする」のです。

世の中で「バッハ」というと、何でも真面目にかっちりと理屈で固めて、感情を表に出すべきでない、なんて思われているふしもあるようですが、とんでもない! 今日はその正反対の例をご紹介しましょう。

 

あなたは「テンポ・ルバート」という音楽用語をご存じですか? 独唱者や独奏者(ピアノ独奏なら右手)が感情豊かに歌って、メトロノームの拍から大きくずれる、あれです。そんなとき、伴奏者(ピアノ独奏なら左手)は、独奏のテンポ・ルバートにぴったり寄り添って、一緒に拍からずれてあげます。

ところが、ところがですよ、バッハの時代はそうではなかったのです。独奏者は拍から大きくずれて歌うのに、伴奏は構わず一定のリズムで演奏し続けていたんです。信じられますか?

 

突然ですが、あなたは演歌は聴きますか? 日本の演歌を聴くと同じことをやっていますよ。伴奏は一定のリズムなのに、演歌歌手は感情がこもるたびにすごく音を伸ばしたり遅らせたりして、しょっちゅう伴奏からずれるでしょう?

私は一度、興味本位で演歌の楽譜というものを楽譜屋さんで立ち読みしたことがあります。それを見て驚いたのですが、あの伸縮自在で全然伴奏に合わせない歌の旋律が、楽譜ではきっちり伴奏と同じタイミングで歌うように書かれていたんです。

「この楽譜どおりに歌ったんじゃ、全然演歌にならないよなあ。もし何百年後かに演歌の楽譜だけが発見されたとして、この楽譜どおりに歌われてしまったら台無しだよなあ」なんて思ったものです。

 

それと同じことが今バッハについて起こっているんです。

この、バッハの時代のテンポ・ルバートの弾き方については、学問的にはもうとっくに結論が出ていることです。良心的な演奏家の中には勇気を持ってこれを実践している人もいます。

でもやっぱり圧倒的に少数派です。なぜなら、とても弾きにくいから。そして、そのように弾いても聴き手に「そんな変な演奏は聴いたことがない。おかしい。私は聴きたくない。」と言われてしまうから。

 

私ですか? 私は勇気を持って実践しますよ。一度しかない人生ですから、妥協しないで正しいことをつらぬきます。

では、先日収録したばかりの演奏をお聴き下さい。所々、ついうっかり左手が右手に付き合ってルバートしてしまっていますが、それでもずいぶん頑張ったんですよ。

こんな演奏は聴いたことが無いでしょう? でも、きっとこれが21世紀の常識として受け入れられる日が来ると信じています。

あなたのコメントをお待ちいたします

下のコメント欄に、ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

右手と左手が合わない!(ビデオ付き)” に対して4件のコメントがあります。

  1. Y.M. より:

    おはようございます。
    3年前の「ああ福音史家の伴奏!」の記事に
    >聖書の朗読は場面によって速くなったり遅くなったり突然止まったり叫んだり息をひそめたり。それと完全に同期して和音を奏でるのですから、
    >歌手の楽譜は一応8分音符や16分音符で書かれていますが、それはほんの基準であって、実際にはドイツ人がドイツ語を朗読するときのような伸縮自在のタイミングで語られます。
    とありましたが、バッハの作品は曲によって、ルバートしても良い、むしろルバートすべき曲と
    ルバートしてはいけない曲があるのだろうな、と思いました。

    1. 八百板 正己 より:

      そうですね。

      ルバートしない曲の代表格は行進曲です(それでも本当にメトロノームどおりだととても歩きづらいですけど)。
      協奏曲のトゥッティもルバートしませんね。
      テンポの速い舞曲もそうですね。
      そして大抵のフーガもそう。

      もっとも、それらにしても「原則としてルバートしない」というだけですけど。

      1. Y.M. より:

        ちょっと勘違いしていたようです。
        福音史家のレチタティーヴォは、楽譜に8分音符で書いてあっても、
        ドイツ語で朗読する時の強弱や抑揚、単語の表す感情に基づいて、
        長くなったり短くなったり、まさにルバートしていて、
        それと完全に同期して伴奏のチェンバロとチェロが演奏する、ということで、
        チェンバロの右手が左手に関係なくルバートする、ではなかったです。

        協奏曲のトゥッティと大抵のフーガは原則としてルバートしない、ということは
        協奏曲のソロ(特にカデンツァ)や、フーガの中にある即興演奏的な部分
        (無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番や、リュートのためのBWV998のフーガ)では
        存分にルバートすることで、ルバートしない部分との対比をよりはっきりさせる
        ことが、バッハの時代の演奏習慣、バッハの意図だったのだろうと思います。

        1. 八百板 正己 より:

          そうそう、おっしゃるとおりですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です