重低音の正体は?

突然、「ブーーーン」という、小さいけれど非常に低い音をたてて、窓から何かが入ってきました!

その日は私のお城「見附チェンバロスタジオ」にて、バッハのインヴェンション第14番のビデオ編集をしていました。もうチェンバロの練習は終わっていたので、部屋の湿度の心配をする必要はありません。窓を全開にして作業していたのです。

「こんなに低い音はとりあえずスズメバチではあり得ない」と咄嗟に判断して、安心して音のするほうに目を向けました。同時にそれがチェンバロのそばの壁にぶつかって、チェンバロの足元に近いあたりに落ちたみたいです。立ち上がって見に行くと、いましたいました、床から30cmくらいの高さの壁にオニヤンマが止まっていました。

正確に言うとオニヤンマではないのかもしれません。似たような姿の大型のトンボが昆虫図鑑に「なんとかヤンマ」とずらーっと並んでいる、そのどれでもなくてオニヤンマだと言えるほどには虫に詳しくありません。

ともかく、こんなに大きなトンボがスタジオに入ってきたのは、スタジオを開設してからの16年間で初めてのことです。秋になって気温も下がってきたからなのか、あまり元気がなさそうです。部屋の明かりを消せば外に出て行くかと思ったのに、いつまでもチェンバロの足元の壁に止まったままです。つかまえて外に逃がしてやりました。

オニヤンマの羽音って、すごく低いんですね。チェロの最低音くらい。いえ、もう少し低いかな? そもそもトンボの仲間が飛ぶときに羽音を立てるとは思っていませんでした。だって、近くまで人懐こく飛んできて肩に止まったりする赤トンボは、あんなに近くを飛んでも羽音は聞こえませんよね。オニヤンマなんて、自然の中で見るときはいつも遠くを飛んでいますから、もし羽音がするとしても聞こえないでしょう。今回は、静かなスタジオの中に入ってきたから、すごく小さい音だけれど聞こえたんですね。

と書いてきて、ひとつバレてしまったでしょうか。そう、私の絶対音感は少々いい加減なのです。正確な絶対音感を持った人なら、オニヤンマの羽音を「チェロの最低音より長2度下」などと細かく言えるはずですから。

子供のころには正確な絶対音感を持っていたんですよ。それが、バロック音楽と付き合うようになって、「バッハの時代の宮廷のピッチは今より半音くらい低かったから」ということで半音低く調律した楽器のCDをたくさん聴いてきました。自分が持っているチェンバロも3台のうち2台はこの半音低いピッチで固定されています。(いわゆる「バロックピッチ」と呼ばれるものですが、これはじつは業界の妥協の産物で、本当はちょうど半音低いというわけではなかったんですけどね。)

チェンバロ演奏家になった当初はCDなどもその2種類(現代の標準ピッチa=440と、いわゆるバロックピッチa=415)くらいしか出回っていなかったと思います。私の頭の中では、半音違いの2種類の絶対音感が出来上がってしまいました。自分で弾いている時にはすぐ慣れるのですが、聴くだけの時は混乱します。バッハのゴルトベルク変奏曲が嬰ヘ長調に聞こえたり、逆にドビュッシーの「月の光」がニ長調に聞こえたりします。

でも、最近はそんなものでは済まないんですよ。「同じバロック音楽でもフランス宮廷ではさらに半音低い、つまり今より全音低いピッチだったから」ということで全音低く調律した楽器のCDもたくさん持っています。さらに「時にはもっともっと低く調律された楽器も使われていた」ということで、3度も低い特別なチェンバロのCDも持っていますし、逆にバッハの時代のオルガンを忠実に修復して蘇らせた歴史的名器を使ったCDは今より半音以上高く調律されています。

ということで、私の頭の中はこんなにも多く(半音刻みで5種類以上)のピッチがごちゃごちゃに混ざっているのです。

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

重低音の正体は?” に対して7件のコメントがあります。

  1. Y.M. より:

    八百板さんのチェンバロはa=415とa=440、
    奥様のフォルテピアノはa=430なのですよね。
    絶対音感は脇に置いて、それぞれの楽器が最も良く鳴るピッチを探求することは
    ご自分で楽器を調律される方だけができることではないでしょうか。

    1. 八百板 正己 より:

      コメントありがとうございます。
      楽器のピッチというのは、じつは設計段階で最良のピッチは決まってしまうものです。製作家が想定したピッチより半音も上げたり下げたりすると、張力がかなり変わって、全然違う音色になってしまいます。
      でも、それを承知で変える楽しみはありますね。

  2. 家合映子 より:

    八百板先生、お久しぶりです。最初このブログを読み始めた時、以前の”蚊の話”を思い出しました。でも”オニヤンマ”はきっと、先生のチェンバロと一緒に合奏したかったのだと思いました。絶対音感の話が出てきましたが、私も似たようなところがあって、最近、短(長?)2度程ずれているのを経験しています。昔は何が出来なくても、聴音だけは(人と比べても)かなりしっかりしていたのを覚えています。年を取ったからかなあ、と思っていたのですが…。久しぶりにこんな話が出来ました。ありがとうございます!

    1. 八百板 正己 より:

      久しぶりにコメントをいただけて嬉しいです。
      オニヤンマと合奏なら、オニヤンマに16フィートのオルゲルプンクトを奏でてもらってパストラーレとか。音量の釣り合いを取るにはクラヴィコードがあるといいですね。

      1. 家合映子 より:

        😊。

  3. 三丈和子 より:

    バロックリコーダーもチューニングが少し低いようですが、チェンバロもなのですね❗️

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます。
      リコーダーはピッチが半音下がるだけでもとても落ち着いた深い響きになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です