車運転中に聴くもの

私は結構車を使います。毎日スタジオに通勤するのに往復1時間。毎週水曜日に新潟市内にチェンバロを運んでのレッスンに往復2時間。新潟バッハ管弦楽団&合唱団の指導をしにそれぞれ毎月1回ずつ長岡(往復1時間)、新潟(往復2時間)、上越(往復3時間)。あなたはいかがですか?

この時間、もったいないなあ、と気がついて、数年前から運転中に必ず何か聴くことにしました。聴くならやっぱり音楽!と言いたいところですが、私の車はチェンバロ運搬に特化した軽ワゴン車です。業務用の4ナンバー車です。付いているスピーカーの音が貧弱な上に、運転中のエンジンなどの騒音がすごくて、繊細なクラシック音楽はまともに聞けたものではありませんでした。そこで、しばらくは英会話教材を聴いたりもしていましたが、やっぱり音楽が聴きたくて。

それで、昨年の5月にスピーカーを増設しました。車の騒音はエンジンやタイヤなど下のほうから来るので、音が邪魔されないように後ろのほうの天井に付けてもらいました。こんな業務用の車にこんなスピーカーを増設する人はいないらしく、お世話になっている車屋さんに頼んで、オプションにもないスピーカーを無理やり取り付けてもらったのです。

ああ、どうしてもっと早くこれをしなかったんだろう!時速40キロくらいまでならヴィオラなどの内声までちゃんと聞こえます。時速60キロくらいでも大体のところは聞こえます。さあ、今日はどのCDを聴こうかな、と毎日が輝いていました。毎日最低でも1時間は聴けるんですから。

でも、すぐに問題が発覚しました。私の場合、音楽に集中しすぎてしまって運転が疎かになるのです。絶望的な曲ではアクセルを踏むのも忘れてうなだれて後続車を怒らせるし、崇高な曲では前を見ずに空を見上げて感極まるので前方不注意で危ないことこの上ないのです。結局、運転中に音楽を聴くのはやめました。

今聞いているのは自己啓発関連の教材です。元々アメリカで配信している音声プログラムに、1フレーズごとに日本語訳を挿入したものです。日本語だけのファイルも提供されているのですが、ついでに英語を聞く耳も育つかなと思って、英語と日本語の逐次通訳版を聞いているのです。逐次通訳だと良い点がもう一つあります。なるほどなあ、と思う言葉を聞いたときに、運転中ですからメモなんかできませんけれど、次の言葉を英語で言っている間に反すうできるんですね。どうせ英語は意味までは聞き取れないからいいのです。

車に乗るたびに、やる気を高めてくれる言葉や、未来を明るく感じさせてくれる言葉や、時には自分の悪いところを戒めてくれる言葉を浴びています。ちょっと郵便物を差し出しに行くだけの5分間にも、気持をリセットしてくれます。いろいろなテーマで、すでに100時間分以上の音声ファイルが手元にあり、さらに毎月1時間40分ずつ増えていくコースを受講していますから、楽しみは尽きません。

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です