突然泣きたいほど感動しました

バッハのイタリア協奏曲。何十年も前から弾き続け、昨年もコンサートで弾いたというのに、この部分は素通りしていました。第1楽章の110小節右手の高いシへのオクターブ跳躍です。今週末のコンサートに向けて、初心に帰ってゆっくり部分練習をしていて、突然この部分に込められたバッハの切ない思いが私のハートを捉えました。ああ、今までなんと無神経だったんだろう。本番では一瞬で通り過ぎてしまうところですが、今日は練習なので10回も繰り返して感動をじっくり味わいました。こういうことができるのが練習の良さですよね。

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です