指使いの問題

書籍「超効率バッハ練習法」をお買い上げのI様から、指使いのことでご質問をいただきました。

1小節ずつの繰り返し練習で次の小節に進んだときに前の小節の指使いを変えた方が良いと気がつく事があります。一度覚えた指使いを変更する事になりますが、よい対処法はありますでしょうか?

I様は指使いが書いてない楽譜を使っていらっしゃるのですね(私もですが)。紛らわしくなると思って本には書きませんでしたが、片手練習に取り掛かる前にまず指使いの検討をします。指使いを決めるときには、機械的に小節線で区切らずに、ひとまとまりの動き全体を見渡すようにしています。

それでも、小節単位でテンポを上げていく途中で変更したり、おっしゃるように次の小節との関係で変更する必要が生じたりという事も出てきます。それを防ぐには、第9章に書いた「バレエの振り付けのように手の動きをスムーズに」という観点がお勧めです。練習の初期段階でゆっくり弾いているときに、「これはこの遅さだからどうにか弾けているのか? それとも、この動きはとても滑らかなので、テンポが上がっても通用するのか?」と自分に問いかけます。練習の初期段階で良い指使いを選ぶことができれば、後でやり直しという遠回りを避けられますね。

 

追伸

書籍をお持ちでない方は、どうぞこちらもご覧下さい。

書籍「超効率バッハ練習法」の詳細はこちら

一週間の無料お試し付き購入のお申し込みはこちらから

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です