雪山登山(写真付き)

大げさなタイトルで驚かせてしまったらごめんなさい。登ったのはチェンバロスタジオの裏山、標高差はたったの100mです。

先日あんなに積もった雪が、それから数日の雨でずいぶん低くなっていました。そして急に晴天が広がったものですから、ワクワクしながらスマホを持って裏山に登った次第です。

道中の雪はどんなだかちょっと心配ではありましたが、上り口に来てみると何人分もの足跡がずっと続いているのを見て一安心。時々40cmくらいズボッと雪に足がもぐったりしながら、まあでも気持ちよく頂上にたどり着きました。

写真の真ん中から右にかけて写っているのが、毎年見事な花を咲かせる名物のしだれ桜です。左はアカシデという木だそうで。その間のはるか彼方に守門岳が見えたのですが、この写真ではよく分からないですね。誰もいなくて静かです。耳を澄ますとヤマガラの鳴き声が聞こえます。

ああ、やっぱり自然の中はいいですね! 久しぶりなのでなおさらそう感じます。ここ数日、今週末に収録予定のバッハのフランス組曲第4番の最終楽章ジーグの練習でちょっと煮詰まってしまっていたのですが、これでまた本来の自分を取り戻せそうです。

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

雪山登山(写真付き)” に対して10件のコメントがあります。

  1. あおき より:

    スノーシューをはくともっと歩けるかと思います。このあいだそれで八甲田と蔵王にいっておもしろかった!いつか新潟にも。。。。

    1. 八百板 正己 より:

      コメントありがとうございます。
      スノーシューですね?そういう楽しみ方もありますね。この辺のホームセンターには「かんじき」も売っていて、近くに住む親戚はそれが無いと庭を歩けないと言っていました。

  2. T.h より:

     昨日の青空が雪山に誘い出してくれたのですね!

    今日は曇り、時々雨になりました。スタジオから歩いて行かれたのでしょうか?20分~30分位かかるのでは。
     
     昨年の春このしだれ桜を初めて見にいきました。朝早くに着いたので一人か二人位見に来られていました。とても静かできれいでした!また今年も行かれたらいいなあと思っています。

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます。雪があってもスタジオから歩いて往復30分でした。
      春になってしだれ桜が咲いたらぜひおいで下さい。

  3. 長野なお美 より:

    八百板先生
    こんにちは!
    シーンとした
    自然の中の写真を
    ありがとうございました。
    こんな素敵な裏山があるなんて
    羨ましい限りです!
    寒いのは苦手な私ですが、
    雪が降った翌朝には
    いち早く、誰の足跡もない状態の
    公園にコテツ(柴犬オス6才)と行きます!
    犬は歌の通り、雪に大喜びです♫
    私は、桜の中でも
    しだれ桜が大好きです!
    どうか、これらの自然が、
    先生を癒し、今後の活動の益と
    なるようにお祈りします。

    1. 八百板 正己 より:

      長野様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      犬を連れて雪の中を散歩というのも楽しそうですね!
      このしだれ桜が咲いたら、またご報告します。

  4. 御手洗由夏 より:

    ああ、かんじき履いて雪の原を歩きたい衝動にかられています。
    今回の大雪では皆さんご苦労されていることと思いますが、
    そんな厳しい自然環境の中で生かされている喜びを、八百板さんの投稿から感じる次第です。

    1. 八百板 正己 より:

      コメントありがとうございます。
      私もかんじきは履いたことがありませんが、どんな感じなんでしょうね?
      楽しすぎて仕事に戻れなくなると困りますけれど。

  5. よういち より:

    初めてメ-ルいたします。今後のお付き合いよろしくお願いいたします。
    小生65からのピアノ手習いで14年、現在やっとゴ-ルドベルク変奏曲のアリアにたどり着きました。
    バッハを弾いていると、心が洗われるような気持になれるのはやはりバッハさんの力(?)でしょうか・
    最近先生のブログ及び冊子「超効率バッハ練習法」と出会ってからは、練習の参考として読ませて頂いておりますが、今までの他の参考書より純粋にわかりやすく理解が進みます。
    私の人生でどこまでの曲を弾きこなせるのか分りませんが、頑張りたいと思っています。
    我が家の地方も今年は例年になく大雪で、毎朝窓の外を覗くのが怖いです。
    除雪の時は無理をしないで「ぎっくり腰」等にならない様、お気をつけください。
    では……。

    1. 八百板 正己 より:

      コメントありがとうございます。
      人生の大先輩でいらっしゃいますね。お年を召してから始められたピアノでゴルトベルク変奏曲のアリアを弾くまで上達なさるとは素晴らしいです!
      私の書籍もご活用くださり嬉しいです。

      バッハの音楽は誰にでも開かれています。ぜひ欲張っていろいろお弾きになって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です