バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

 

プロのピアニストがあんなことを言うなんて、私は自分の耳を疑いましたよ。某ピアニストがYouTubeに配信している解説動画で

バッハの8分音符は全部短く。それも同じ短さで。これがバッハの基本です。

(YouTube動画での某ピアニストの発言)

なんて言っています。とんでもない! そういう機械的な弾き方を指導するから、「バッハは禁欲的(機械的)だ」「堅苦しい(つまらない)」とみんなが誤解するんです。

例えばバッハのフランス組曲。6つの組曲の冒頭はどれも「アルマンド」という流れるような舞曲です。チェンバロ奏者なら、バッハのアルマンドの8分音符を短く弾くなんて考えられません。

あなたにはぜひ、綿密な時代考証に裏付けられた本当のことを知っていただきたいです。これからご覧いただくのは、バッハのフランス組曲第3番のアルマンドの弾き方について私が解説したビデオです。

チェックポイント:

  • バッハが作ったすべてのアルマンドはリュート風
  • フランスからドイツに伝わったリュート風のスタイルとは?
  • バッハの弟子が書き写した楽譜に残されたたくさんの装飾音

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。

お気軽にお問い合わせください