バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

 

この曲、私が持っているCDでもそうですが、皆さんけっこう速く弾きますね? それに伴って、音ひとつひとつにスタッカートを付けて。でも、私は全然違うアプローチで、この曲は本当はもっとずっと遅いのではないかと考えているのです。

曲の解釈とは、他人と同じようなことをしていれば無難というものでもないし、わざと他人と違うことをして個性を主張するものでもありません。そうではなく、(他人がどう弾こうとも)真実を追究するものだと思います。

チェックポイント:

  • バッハのカンタータ第147番の第5曲が、この前奏曲と同じ調、同じ拍子、そっくりな音型でできている
  • カンタータのほうでは、ソプラノ歌手の旋律から、わりと落ち着いたテンポでないと演奏できない
  • この前奏曲も同じように落ち着いたテンポで演奏し、そのテンポにふさわしく分散和音を重ねる弾き方をしてみる

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。

お気軽にお問い合わせください