バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

 

「バッハは全部メトロノームどおりにきちんと弾くべき」なんていうのは間違いですから信じないで下さいね。バロック時代の人々は、バロック時代の音楽だけですべての感情を満たしていたのですから。厳格な曲もあったけれど、すごく自由な曲だってたくさんあったのです。今、音楽学者たちの地道な研究によって、バロック時代にどんなに楽譜からずれてルバートしていたのか、といった情報も明らかになってきています。

そのことに気付いてからというもの、私のこの曲の弾き方は全く変わってしまいました。あなたはどう思いますか?

チェックポイント:

  • この曲はとても悲しい。細かい音をメトロノームどおりに弾く理由が無い
  • 細かい音をカンタービレに揺らす方法:始めはゆっくり→中ほどは速く→終わりをゆっくり
  • 結果として伴奏の左手とタイミングがずれても構わない
  • (2小節目の1拍目)不協和音を解決する途中で即興的に寄り道したドの音は、バッハの時代の鍵盤楽器の最高音
  • いつものバッハとちがって最高音がいきなり現れるのは、曲の始めからバッハが泣いている証なので、思い切りルバートする

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。

お気軽にお問い合わせください