バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

今日の問題提起:

バッハの時代の演奏習慣について勉強していくと、やがて「ああ、このリズムが出てきたらこんな感じで弾けばいいよね」といった感覚が身に付いてきます。この曲のリズムもそうです。3拍目を短く弾くだけで、とてもバロック音楽らしくなります。

ただし、罠が待ち受けています。罠を避けるとともに、メトロノームどおりではない美しい表現方法を手に入れましょう。

ビデオの要約:

  • 8分の3拍子(または8分の6拍子)で1拍目が付点8分音符だったら、遅めの曲でも3拍目を短く弾けばOK
  • ただし、3拍目を短く弾くと、小節単位のフレーズだと勘違いして、小節ごとに音楽がバラバラに途切れてしまいがち
  • 3拍目は短いけれど、フレーズは「2拍目から始まって次の小節の1拍目まで」
  • 練習の時には頭の訓練として、1拍目ごとにフェルマータして、2拍目から始まるフレーズだということに慣れる
  • (練習だけでなく最終的にも)1拍目ごとにわずかにフェルマータして、1拍目からすぐに2拍目に飛び込まない
  • その根拠:バッハの弟子の楽譜には1拍目に多様で複雑な装飾音が大量に付けられていて、それらに時間をかけて丁寧に表現すると曲線美が宿る

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。