バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

 

私もかつてはこの曲(フランス組曲第4番のサラバンド)をどう弾いていいか分からず困ったものでした。全然サラバンドらしく聞こえないのです。この曲をサラバンドとして聞かせる決め手は、バッハが珍しく書き込んだスラーにあります。当時のスラーの意味を知り、勇気を持って演奏に適用すると、この曲がちゃんとサラバンドに聞こえるのです。

チェックポイント:

  • このサラバンドは、単に楽譜をそのまま弾いてもサラバンドらしいリズムが聞こえてこない
  • この曲にはバッハにしては珍しく、右手の最初の1拍目の音形にしつこくしつこくスラーを付けている
  • バッハの時代のスラーには、単に音をつなげるという意味だけでなく、ひとまとまりの運動として表現するという意味があった
  • スラーのついた1拍目のリズムをそのように崩して弾くと、サラバンドのリズムが浮かび上がってくる

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。

お気軽にお問い合わせください