バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

今日の問題提起:

平均律クラヴィーア曲集第2巻の冒頭を飾る前奏曲ハ長調。試しにこの曲の演奏をYouTubeでいくつか聴いてみました(あなたも「BWV870」と検索してみてください)。ピアニストの方々の演奏は、ことごとくイン・テンポです。でも、チェンバロ奏者の私は決してそんな演奏はしません。チェンバロ奏者の目でこの楽譜を見るならば、これはバロック時代の即興演奏そのものだからです。

ビデオの要約:

  • 当時、対位法はごく当たり前で、即興演奏だって対位法的に演奏された
  • この曲は、対位法の中でも「いかにも即興で演奏された対位法」という書き方で作られている
  • 冒頭2小節間伸び続ける低音は途中で聞こえなくなってしまうので、例えば豪快な装飾音で印象付ける
  • ある音を自由に伸ばしたりするときの、聴き手に拍の誤解を与えない弾き方とは?

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。

バッハの練習に時間がかかって苦労していませんか?

バッハの鍵盤曲は本当に練習に時間がかかりますね? 私だってずっと苦労してきました。

でも朗報があります。あなたが次のような未来をお望みなら、私がその方法をお伝えできます。

  1. 複雑なバッハの曲もずっと短期間の練習で弾けるようになります。
  2. 今までどうしても弾けなかったところだって弾けるようになります。
  3. 隅々まで配慮が行き届いた演奏が自然にできるようになります。
  4. 日々の練習の成果を本番でもきちんと披露できるようになります。
  5. 練習そのものの尊さに気がついて、自分がかけがえのない存在だと感じられるようになります。

下のボタンから、私が編み出した効率的なバッハ練習法のあらましをご覧になれます。具体的な事もだいぶ細かく紹介していますから、きっとお忙しいあなたの練習のお役に立てることでしょう。