バッハの弾き方30日間無料ビデオレッスン

(提供:八百板チェンバロ教室)

今日の問題提起:

バッハをピアノで弾くにしても、バロック音楽をよく分かっている人が弾くと、どことなく上品な感じがするものです。それは、当時のチェンバロ音楽が「宮廷音楽」だったことによるでしょう。そのように「上品に弾く」ためのヒントを、今回は具体的なアーティキュレーションの知識としてお伝えします。

ビデオの要約:

  • バロック音楽の「3/8拍子」には、1小節を1拍で取るという意味がある。
  • そのために左手の1拍目を強調したいが、スラーとスタッカートに分けると幼稚な感じだし、これをもし宮廷舞踏会でチェロが弾くなら決してスラーとスタッカートでは弾かない
  • チェロがすべての拍で弓を返しつつ音の長さを変えるように、1拍目はノン・レガートだけれども長く、2拍3拍はスタッカート
  • 右手の内声、各小節に6つある16分音符は、バッハがヴァイオリンに頻繁に指示したように「はじめの3つをスラー、残りの3つを切る」が使える
  • 右手の内声を切るところではちょうど左手もスタッカートなので音の無い瞬間が生まれ、そこでソプラノの伸びた音が浮かび上がる効果も生まれる

 

では、以上の解説を踏まえて、この曲を通してお聴き下さい。