今年170歳を迎える本物のプレイエル製ピアノが新潟県内で弾けるのです。このチャンスを見逃せますか?

19世紀前半のフォルテピアノは、現代のピアノとは設計思想がまるで違います。一言で表すなら「不均等なことや不合理なことが生み出す美しさ」です。お一人様ずつ1時間または2時間の貸し切りでじっくりと演奏を体験いただけます。

日時 2018年12月9日(日)10:00~18:00の間で予約先着順
会場 見附チェンバロスタジオ
料金 お一人様 1時間貸切り 5,000円 / 2時間貸切り 8,800円 ≪完全予約制≫
主催、ご予約、お問合せ 八百板正己
後援 日本チェンバロ協会

あなたの手と耳で確かめてください

  • ショパンがこだわった、弦に直接触れるかのようなシングル・エスケープメントの軽くて繊細なタッチ
  • 音域ごとに意図的に変えた音色の違いを生かす並行弦
  • 極めて小さく軽いダンパーが生み出す絶妙な余韻
  • サロンでの演奏にふさわしい第2響板のはたらき
  • ショパンの時代の調律法による調ごとの響きの違い

要目表

  • 制作:カミーユ・プレイエル1848年
  • 音域:CC~a4、82鍵
  • ピッチ:a=430
  • アクション:シングル・エスケープメント
  • 特殊機能:第2響板
  • 調律法:8分の1コンマ調整律

このピアノの詳細ページもご覧ください。

お気軽にお問い合わせください