チェンバロの積み方を変えました(写真付き)

自分のチェンバロを初めて車に積んでから25年以上にして、はじめてチェンバロの積み方を変えました。

先日、高速道路上でエンジントラブルを起こした私の車ですが、結局廃車にしたんです。

で、その車種はもう生産中止なので、後継車を買いました。少し前に発売されたばかりのホンダNーvanです。問題は、サスペンションが板バネからコイルバネにグレードアップされたぶん、荷室の幅が狭くなって、チェンバロを水平に積めなくなってしまったことです。どうしよう?

解決策は、チェンバロを縦に積むことでした(写真)。

じつは、あと1cm楽器が長かったら、この車には積めないところだったんです。カタログの数字ではかなり余裕があるはずだったのに、きわどかったです。お世話になっている車屋さんで実際にチェンバロを積んでみて、積めることを確認してから買いました。

さて、今度の車は後部座席を左右別々に畳めるので、運転席の後ろに座席を一つ確保したままチェンバロが積めるようになったのが嬉しいです!

それから、今まで床下にあったエンジンが運転席の前に移ったので、荷室の床がずいぶん低くなりました。チェンバロを載せるのが結構楽になったのも嬉しいです!

さらに、今までの車は20年以上前に開発された古い車種で、運転中の騒音がすごかったんです。スピードを出すと、音楽なんてヴァイオリンやフルートなどの高い音しか聞こえませんでした。それが、この最新の車の静かなことといったら!一応軽貨物車扱いの4ナンバーなのに、乗用車並みの静かさです。チェロの音もよく聞こえるし、5声6声の対位法だって全部聴き取れます。ああ幸せ!

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

チェンバロの積み方を変えました(写真付き)” に対して1件のコメントがあります。

  1. T.h より:

     おめでとうございます!
    苦難をのりこえて歓喜に至られたみたいですね。

     運転中に音楽を聴くと指が動いてしまうと言われておられたようでしたが
    くれぐれも道中お気をつけください。

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます。

      今度の車は運転中に車線をはみ出しそうになると警告音が鳴ったり、前の車に近付きすぎるとブレーキをかけたりしてくれるんです。それに頼ってはいけませんが、音楽を聴きながら運転しても前よりは安全になったかと思います。

  2. 塚田泰司 より:

    これからも、チェンバロの移動が、問題なく行われていきますように!

    1. 八百板 正己 より:

      ありがとうございます。
      どんなことも結局は良いほうに向かうんだ、と信じればそうなるような気がしています。

      1. Y.M. より:

        横から口出しすることを許してください。
        「チェンバロを一人で車に積む」のページの写真と見比べてみると、
        チェンバロを台車に載せてスタジオから運び出してきた、縦積みのままで
        車の荷台に積んで固定できるようになったようですね。
        作業工程が一つ減っただけでも「結局は良いほうに向かった」と思います。

        1. 八百板 正己 より:

          そのとおりです。これ以上は作業が減ることはないと思いますけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です