チェンバロ伴奏における「急がば回れ」

「急がば回れ」とは、本当によく言ったものですよね。このごろ、この言葉の威力をつくづく感じます。音楽では特にそうなのではないでしょうか。

チェンバロ独奏曲の練習については、とにかく「1小節とか、時には1拍とか、短い範囲をゆっくり繰り返す」ことに尽きます。これを自分に厳しく課すことによって、私の練習効率は何倍にもアップしました。あまりに効果抜群なので本にして自費出版したわけですが(書籍「超効率バッハ練習法」)、今日はそれとは別の、伴奏のお話です。

通奏低音を練習する前にしておく作業

まずは左手だけの練習

バロック音楽のアンサンブルでは殆どの場合、チェンバロは「通奏低音」と呼ばれる、左手の低音だけが書かれた楽譜に基づいて自分で右手を即興的に作曲しながら演奏します。そんな高度なことをいきなり両手で練習を始めたりはしません。まずは楽譜に書かれた左手だけを十分に練習するのが、すべての土台となる大切な出発点です。

左手はどうしても疎かになりがちなものです。バッハのインヴェンションのような、右手と左手が全く対等な曲でも、つい右手の旋律ばかりに意識が行って、左手は間違わないというだけで全く無表情になったりします。まして通奏低音は左手の低音こそが重要なのですが、弾く音符の数から言うと右手で厚い和音を弾いたりもするので、インヴェンション以上に左手が疎かになりやすいのです。

通奏低音の左手を練習するときには、コンサートの本番でその左手だけ演奏してお辞儀して帰ってくるくらいのつもりで、ありったけの感情と表現の工夫を左手に盛り込むべきです。そうすれば、後で右手の和音を重ねても埋没しない、自己主張する低音となるわけです。

低音と旋律パートの2声曲として練習する

さてその後です。練習し終わった左手に対して、いきなり右手の和音を即興で付けようとしてもダメです。時間ばかりかかってなかなか弾けるようにならないし、取って付けたようなぎこちない伴奏にしかなりません。かといって、五線譜を用意して和声理論と対位法を駆使して理屈でしっかりと作曲してみても、伴奏だけでは完結しても旋律楽器と調和することは稀です。リハーサルで旋律楽器の人と合わせてみたら、準備して練習した右手が全部作り直し、なんていうこともざらです。

私が経験から導いた最短の方法はこうです。左手の練習が終わったら、次は旋律楽器のパートを右手で練習します。そして、両手で低音と旋律パートの両方を2声曲として何度も何度も練習するのです。旋律楽器のパートなんて、最終的には自分では本番で弾かないのですが、それでも、作品全体の大枠を自分の中に取り込むのにとても効果的なのです。(旋律楽器が2つとか、旋律楽器と歌とかの場合はどうするかというと、右手を2声同時に弾くのはとても大変だし、そんな余裕の無い大変なことを頑張っても作品全体の大枠が自分の中に入ってきません。なので、一つの旋律楽器のパートと低音、もう一つの旋律楽器のパートと低音、というふうに2通り練習します。)

和声も自然に頭に入る

このように両手で2声の曲として練習すると、「この左手の低音に対してこのくらいの音域でこんな旋律がある」ことが頭に入るだけでなく、その部分の和声まで自然に頭に入ります。通奏低音の楽譜には和声を示す数字が書かれているものなのですが、この数字だけを見て右手の和音を処理しようとするのは大変です。それよりも、先に和声を覚えてしまい、数字は和声の詳細を確認したり思い出したりするためのメモとして使うほうがずっと良いです。

右手の伴奏のアイデアが自然に湧いてくる

2声の曲として弾く作業を続けていると、やがて「この旋律を支えるならこのくらいの音域でこんな伴奏を右手で弾きたいよね」というアイデアが自然に湧いてきます。すると、数字を見て理屈でひねり出して作った伴奏よりも、ずっと自然で美しい伴奏ができ上がるのです。ここまできたら、ようやく右手の伴奏の練習を始めていいです。

演奏の表現についても良いことばかりです。伴奏だけの練習しかしない状態で旋律楽器とリハーサルしてみると、細かいところのタイミングが全然合わなかったりします。それはそうでしょう。伴奏の練習をするときに、旋律楽器の都合が全く目に入っていないのですから。でも、あらかじめ2声の曲として練習しておけば、「ここで旋律楽器の人はたっぷり時間をかけて歌いたいよね」「ここでは息継ぎに時間が必要だよね」といったことまで頭に入っているのですから、やり直しが最低で済むのです。

歌の伴奏を練習する前にしておく作業

自分でも歌えるように練習する

歌の人とアンサンブルするときには、もう一つ別の「急がば回れ」があります。自分でも歌えるように練習しておくのです。歌には歌詞というものがありますから、歌詞を的確に発音することで楽譜通りのタイミングから常に少しずつずれるものなのですが、それをリハーサルのときに必死に合わせるのでは全く美しい演奏になりません。それよりも、自分でまず歌のパートを歌えるようになって、それに左手の低音を楽譜どおりに付けてみて、そこから自然に湧きあがってきた伴奏を右手で加えていきます。遠回りのようでも、最終的にはこれが一番近道です。

まず「詩」として朗読できるように練習する

歌の中でも、レチタティーヴォという、アリアの前に歌われる「語り」のような曲があります。これはなかなかの曲者です。楽譜では一応8分音符や16分音符で書かれていても、実際には言葉を喋るときと同じ複雑で微妙なタイミングで語られるのです。歌手とのリハーサルで全然合わなくて、「すみません、もう一回歌ってください」「もう一回歌ってください」「お願い、もう一回だけ歌ってください・・・」と歌手を呆れさせることに。

そうならないように「自分でも歌えるように練習しよう」と思っても、レチタティーヴォは歌えるようになるのにも時間がかかります。楽譜に書かれた音符に、歌詞がうまくはまらないのです。

で、私はどうしているかというと、まずは音程をなくして「詩」として朗読を繰り返します。歌の歌詞はたいていの場合音楽より先に詩として作られていますので、朗読するだけでも美しい音楽性を持っています。歌詞を覚えて、詩として朗読できるくらいに慣れると、そこに音程をつけるのはすぐにできます。素晴らしいレチタティーヴォほど、詩として朗読するときの抑揚がそのまま音楽に反映されているからです。

伴奏を練習する前に最初に詩の朗読をするなんて、気が遠くなりますか? でも、これをサボると、後でもっと気が遠くなる「全部やり直し」が待っていますから。痛い失敗をたくさん経験して得た教訓です。

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

チェンバロ伴奏における「急がば回れ」” に対して1件のコメントがあります。

  1. T.H より:

    コメントが出来なくとも「読みました」ということを伝える方法があればよいと思いました。
    そんなことは不必要なのかもしれませんが。

    1. 八百板正己 より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね。フェイスブックなら、「いいね」を押して下さった方の一覧を見ることができますしね。
      何かいい機能があるはずだと思うので、勉強を続けて探します。

  2. 家合映子 より:

    八百板先生、ありがとうございます。
    最近、新潟バッハの練習を通して、”私は左手が弱い”ということを痛感しておりました。左手だけの練習を何度も繰り返そう、と思い、始めたのですが、忍耐のいる作業でした。でもそんな時、例えば通奏低音と合唱のバス声部、などと組み合わせながら練習すると、通奏低音の中に言葉の音型が存在していることにさらに気が付かされー今まで分かりにくかったところも浮かび上がってきて、発見する喜びといいますか、そんなことも味わいながら練習しておりましたので、今日の先生のお話はそんな私の経験を再現して、言葉にしてくださったーさらにそれにプラスαして、励ましてくださったように思います。また今日のお話を読み進めて最後に、”詩の朗読”とありました。お話の最後ではありましたがこれが私たちの出発点、少なくとも私自身はそう考えて、それが私の(音楽を)学び続ける原点になっています。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

    1. 八百板 正己 より:

      家合さん、コメントありがとうございます。

      まさにおっしゃるとおりですね。「発見する喜び」すてきな言葉です。「詩の朗読も出発点、音楽を学び続ける原点」すばらしいお考えです。合唱を支えるオルガンの通奏低音をこうした高い志で弾く方が身近にいらっしゃって、私はとても嬉しいです。

      1. 家合映子 より:

        八百板先生、ありがとうございます。

        音楽を学び続ける”原点”と書きましたが、正確には”原動力”と言った方が良いかなと思いました。
                                     

        1. 八百板 正己 より:

          「音楽を学び続ける原動力」ますます良い言葉ですね。どんなことでも、続けるにはエネルギーの供給源が要りますからね。

          1. 家合映子 より:

            先生、いつもありがとうございます。”高い志”とおっしゃってくださいましたが、”そうでしかあり得ない、自分自身の現実”・・、そんな感じです。🐟。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です