スカルラッティのレッスンが楽しい!

今日レッスンにいらっしゃったTさんはスカルラッティが大好きです。毎月毎月、それまでにピアノで趣味で弾きためたスカルラッティを端から順にレッスンに持ってきます。スカルラッティといえば、チェンバロ曲を500曲以上も残した人ですから、私も楽譜は全部持っているとはいえ、知っている曲はその一部分でしかありません。Tさんがレッスンに持ってくる曲が私の知らない曲だと、私は一層レッスンが楽しくなります。

Tさんは事前によく練習していらっしゃるので、ひととおりは弾けます。私が初めて聴く曲でも、レッスンしながら「ああ、スカルラッティはきっと、こう弾いてほしいから楽譜をこう書いたんだな」と、アイデアが次々に湧いてきます。それをTさんに取り入れていただくと、一見機械的な練習曲に見えもする楽譜から、じつに起伏に富んだ物語が姿を現すのです。もう、楽しくてレッスンの間ずっとニコニコ顔です。

こういうレッスンができると、私にとって初めてのその曲を、自分のコンサートでも弾きたくて仕方がなくなりますね。

あなたのコメントをお待ちいたします

ご感想、ご質問、ご意見など、何でもお寄せください。
あなたのコメントがきっかけとなって、音楽を愛する皆様の交流の場になったら素晴らしいと思うのです。
(なお、システムの都合により、いただいたコメントがサイトに表示されるまでに最長1日程度お時間を頂戴する場合があります。あらかじめご承知くださいませ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です